手技療法家のための 整形外科学 整形学検査法 2|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

手技療法家のための 整形外科学 整形学検査法 2

検査の進め方フローチャート

photo7


 下肢神経症状を伴わない腰痛では、まず問診により急性のものなのか、慢性のものなのかを判断し、急性の場合、アダムの体位において椎間板障害の有無を確認する。

腰部慢性疾患は、問診で得られる情報が最も重要であり、その情報をもとに整形学的検査を行うことにより容易に判断できる。

特に患者の症状の他に年齢、性別、生活習慣等に注意を払うとよい。
腰部慢性疾患は、同じ症状であっても患者の年齢によって判断が全く異なるケースが少なくない。


つづく