手技療法家のための 整形外科学 整形学検査法 3|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

手技療法家のための 整形外科学 整形学検査法 3

問診


 問診とは患者に対して病歴・症状などを質問して診断の助けとすることである。できる限り詳細に、かつ正確に行うことにより、患者の訴える症状を理解し、病因を推測することで、どのような処置が妥当か予測可能となる。

次いで、視診、触診、整形学検査、神経学検査などの検査を行い、患者の状態をさらに把握することで診断に導けるのである。
問診は的確な検査・治療の第一歩である。

問診は単純に術者の質問に患者が答えることではない。
患者自身が持っている悩みのすべてを十分に表現できるように誘導してあげる必要がある。
そして患者は術者が自分で経験したことのない体験者でもある。

患者に対して学ぶ気持ちを失わず、常に謙譲の気持ちを持って接することが大切である。
好感の持たれる言葉使いを意識しスムーズな問診を行うことが、患者との信頼関係を構築する必要な条件である。


つづく