カイロプラクティック教本 -四肢編1-|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

カイロプラクティック教本 -四肢編1-

 強度のストレスが自律神経に影響を与えてホルモン、リンパのバランスを崩し(恒常性の変化)、情動的・肉体的な歪みを現出させる。
それが苦痛の正体である。

 ストレス社会の中で健康を維持するために、我々カイロプラクティックに従事する治療家が行わなければならないことはまず、患者の状態を診断し、その診断の結果、治療することである。 難病にしろ、捻挫に代表される軽い症状にしろ、そのほとんどの症状は最終的には関節の機能障害か、関節の遊び(Joint play)の損失にたどりつく。

したがって体調の維持を望むなら関節へのアプローチは必要不可欠となる。
カイロプラクターにとって最も大切なことは、関節の動きが消失している部分を見つけ、体のすべての関節の動きを回復する技術を身につけることである。

 一流のカイロプラクターを志す人はぜひとも体幹編と合わせて、“四肢”を扱った本項のテクニックを修得してもらいたい。


つづく