従業員の やる気を引き出す 2|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

従業員の やる気を引き出す 2

仕事のやりがい

 上でも触れた調査で、「仕事のやりがい」が従業員のモチベーションを上げると回答している企業はなんと89.5%にものぼります。

 どこに仕事のやりがいを感じるかは、人それぞれ違うと思います。
たとえば、「技術を身につける」とか「昇進して偉くなる」とか、もしかしたら「金を稼ぐ」なんていう意見もあるかもしれません。
しかし、仕事のやりがいは、本質的には「人の役に立った」喜びにあるのではないかと思います。

 治療院でいえば、体の痛みなど不調を訴えた患者さんが、助けを求めていらっしゃるのですから、これをいかにやわらげて治すのか。
患者さんが「おかげで楽になりました」と笑顔で帰られる。そういったことが、仕事のやりがいにつながる一つの要因ではないでしょうか。
この喜びに触れることで、ますます技術を高めようとかがんばって、気がついたらお金も稼げるというのが好循環だと思います。


まとめ

 従業員がやる気に満ちあふれて働くというのは、治療院に限らず、どこの会社でもそれが理想でありながら、なかなか実現しない課題だと言えます。

 実は、一番難しいのは、経営者と従業員はそもそも思考が異なるというところではないかと思います。
そういった意味では、この問題は経営者だけの考えではなく、広くいろいろな意見を取り入れながら進めていくことも重要ではないかと思います。

 今回は賃金、評価、やりがいの3つについてお話しましたが、具体的にどうしたらそれらがうまく効果を発揮するのかというところを、次回以降もう少し掘り下げて考えていきたいと思います。