腰椎部腫瘍|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

腰椎部腫瘍

腰椎部腫瘍


 脊椎(腰椎)に発症した腫瘍病変をいい、原発性脊椎腫瘍と転移性腫瘍に大別できる。
高齢化の今日、転移性腫瘍としての脊椎転移癌は最も多く重要であり、腰椎で約70%を占め、次いで胸椎に多い。
頚椎にも起こる。


■問診のポイント

1.持続的腰痛で基本的に運動による痛みの増強を伴わない。
 ⇒主として安静時痛が存在する。

2.夜間痛が強く、睡眠が妨げられることが多い。
 ⇒悪性腫瘍の場合に多い。

3.慢性であることが多い(徐々に進行)。病的骨折による急性疼痛で気付くこともある。
 ⇒症状が進行すると少しの動作によって激痛が出現することもある。

4.腫瘍の部位により根性疼痛、麻痺症状、直腸膀胱傷害も出現する。

5.過去、現在の病歴や遺伝性も考慮し家族の病歴も確認。
 ⇒(参考)血縁者問わずに病歴をとる。同じ生活を過ごす≒同じ食生活を。


■症状

 腰椎転移癌の初期は、動作によって出現する腰痛ではじまることもあるが、まもなく安静時痛が出現し、憎悪の一途をたどり安静時、就寝時でも激しい腰痛を覚えるようになる。

経過は病巣の拡大進展の早さとほぼ一致し、やがて馬尾を圧迫し下肢運動知覚障害、末期には完全麻痺に至ることも珍しくない。

特徴としては全身倦怠感、食欲不振、貧血がみられる。
⇒馬尾腫瘍も同様で慢性に発症し、次第に腰痛、下肢痛が増強してくることが多い。安静時や夜間痛があることも多く立位や座位で軽減する。

疼痛のみが持続、椎間板ヘルニア様症状を示す、麻痺症状が主体の3つに大別できるが軽度から高度の多彩な症状を呈す。


■理学所見

1.局所の圧痛や叩打痛。

2.疼痛性の運動制限や異常な筋緊張がみられる。

3.診断に役立つ一定の理学所見は得がたい。

4.原発性は仙骨、腰椎レベルに発生多く転移性は腰椎、胸椎に多い。

 

■臨床検査

血液検査 尿検査 生検査
 ⇒腫瘍の診断、悪性か良性かの判断として行う。切開生検で確定することが望ましい。


■画像診断

X-ray:骨硬化像、骨解溶像や椎体の圧潰、膨隆、腫瘤の存在を示す。

M R I:病巣が脊椎の長軸方向にどの程度広がっているかを評価。

C T:腫瘍の局在を明らかにする。骨性病変の評価に優れている。
    ⇒悪性腫瘍は椎体に、良性腫瘍は椎体後方( 棘突起、椎弓、椎間関節)に発生する傾向がある。