訴えられたら 手遅れ! 本当に怖い残業代 2|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

訴えられたら 手遅れ! 本当に怖い残業代 2

  残業とは何か?

 そもそも、残業とはどういう状態のことをさすのか、考えてみましょう。

 労働基準法では、1日8時間、1週40時間を法定の労働時間と決めています。
これを法定労働時間といいます。
最低でも、法定労働時間を超えて働いた時間は残業となります。
たとえば、図表1のように働いた場合は、この1週間で16時間の残業をしたことになります。

 月曜日から金曜日までは、1日につき8時間を超えた労働時間が残業となります。
しかし、月曜日から金曜日までの5日間で1週間の労働時間の合計が法定の40時間に達しています。
このため、土曜日については初めから残業となり、この日の8時間は全て残業として扱われます。

photo1

  残業代の計算

 残業代を計算する場合、割り増しをしなければならない決まりになっています。
現在の割増率は25%です。
たとえば時給800円の従業員が、表1のように16時間の残業をしたら、800円×1.25×16時間=16000円の残業代を支払わなければなりません。
1ヶ月を4週間と考えれば、月に64000円の残業代となってしまうのです。


つづく