訴えられたら 手遅れ! 本当に怖い残業代 3|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

訴えられたら 手遅れ! 本当に怖い残業代 3

給与を残業代込みで支払う

 よく、「残業代は込みだから」という話を聞くことがあります。
こういう約束をしていた場合、残業代は払わなくてもいいのでしょうか? 

答えは「支払い方によってはOK」ということになります。
 「基本給が20万円で、ここに残業代も入っているから」と、言った場合には、残業代を払っているとみなされない可能性が高くなります。
 そこで、「月額は20万円で、そのうち基本給が15万円で5万円は残業代として払うよ」と言う払方をすれば、間違いなく5万円は残業代として認められます。

 しかし、ここで一つ問題があります。「5万円払えば、いくら残業させてもいいのか?」ということです。
これは当然無制限に残業させられるわけではありません。
図表2のように、時間単価を計算して、5万円が何時間分の残業代をカバーできるのか、確認しておくことが必要です。
そして、図表2の例で言えば、46時間を超えて残業をした場合は、その超えた分の残業代は改めて計算して支払う必要
があります。

 また、このようにみなし残業代を支払う場合には、きちんと雇用契約書などに明記することが必要です。
賃金に限らず、労働条件についてはトラブルになりやすいので、契約書は必ず作成しておくことが、様々な労務トラブルを防止するはじめの一歩です。

photo2

つづく