訴えられたら 手遅れ! 本当に怖い残業代 4|健康コラム|日本カイロプラクティックドクター専門学院

カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
バナー
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立26周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

訴えられたら 手遅れ! 本当に怖い残業代 4

おわりに

 業界の慣例として、残業代を支払うということが一般的ではないことと思います。
残業代を支払っていない、契約書など交わしていない治療院が少なくないと思います。

しかし、一旦従業員が訴えを起こしたりすれば、行政は法律に従って処分をくだします。
もちろん、「法律通りやっていたら経営が成り立たない」と言うセリフは良く聞きますが、全く法律通りできなくても、みなし残業代のように、ある程度の対策はすることができます。
100万円の請求が、50万円で済むような対策を講じておけば、何もしないよりはいいはずです。

 ここまで読んでいただければ、残業代のリスクの大きさがわかったと思います。
紙面の都合で多くはお話しできませんでしたが、ぜひ、できるところから対策を進めていただきたいと思います。