カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合

健康コラム

手技療法家のための整形外科学整形学検査法 vol.002

JCDC札幌校 学院長 川人誠司B.S.C.[2012.3.14の続き]

 

 

 椎間板は加齢とともに(20歳を過ぎると)、髄核紡織内に多量に含まれている水分の減少が始まりクッション作用も減じて、髄核と組織輪との区別が不明瞭になる。
老齢になると椎間板は萎縮し身長も減少する。
 
生来の個体差、社会歴などによってこの変性の早さ、程度は大きく違うことになる。
 
成長期~中年期に過剰な運動、労働などによって、脊柱に加わる衝撃が面接組織の変性を招き、その周辺を取り巻く繊維輪にはさまざまな亀裂が入りはじめる。
 
椎間円板の構造は前部より後部が比較的に薄いため、後部に損傷や亀裂が生じることが多く、急激な外傷などによって椎間板内圧の上昇のため髄核が繊維輪の亀裂を通り、後方や後外方に脱出することがある。
 
これを椎間板ヘルニアと呼ぶ。
このとき腫瘤は知覚終末の多い後縦靭帯を押し上げ、脊椎神経根を圧迫し、末梢神経に沿った神経根刺激症状(放散痛、知覚異常など)を発症させる。
 
椎間板ヘルニアは脊椎の可動性が大きい部分と比較的小さい部分との境で起こりやすい。
(※頚椎ではC5-6間、C6-7間、腰椎ではL4-5間、L5-S1間。胸椎は可動域が制限されているために頚・腰椎にくらべ比較的発症はまれである。変性の好発部位も同じくこれにあてはまる。)
 
 
 
次回に続く




手技療法家のための整形外科学整形学検査法 vol.002

JCDC札幌校 学院長 川人誠司B.S.C.[2012.3.13の続き]

 

 

 

 椎骨は椎間板と左右一対の椎間関節と、3関節の複合体スリー・ジョイント・システム(3-JointSystem)として連結され、この部で一定の運動性と支持性の相反する機能を保持する。
脊柱管は脊椎の屈曲・伸展・側屈・回旋の可動に応じ、微妙に変形したり、長さを変えたりする。
この脊柱管には脊髄が入り、第2腰椎レベル以下では馬尾神経が入る。
脊髄神経は前根(運動神経)と後根(知覚神経)に分かれ、左右1対の椎間孔から脊柱外に出る。
 
脊髄神経は31対あり、頚神経8対、胸神経12対、腰神経5対、仙骨神経5対、尾骨神経1対に分けられる。
 
 
 以下のように、正常人の脊柱は4つの条件となる
①支持性
②可動性
③神経保護
④無痛性
を有している。
脊柱に生じるさまざまな外傷や変性、種々の腫瘍、炎症などは脊柱と神経組織との関係を悪化に導き、痛みや麻痺などの症状を発生させることになる。
 
 脊柱は(体幹として)屈曲(前屈)、伸展(後屈)、側屈、回旋の運動を可能にする。この運動は股関節の動きを伴うために、個人差も大きい。
脊椎のみの動きとしては椎間板、椎関関節の3-Joint Systemによって一定の運動性を持つ。
この一定性範囲内の可動性を保持するため、前・後続靭帯、椎間関節包、棘上・棘間靭帯などいわゆる傍脊柱靭帯が存在し、可動性と支特性を保持する。
この機能において最も重要な構成要素である椎間板の大部分は無血管で一生を通じて力学的な重荷にさらされている。
 
 
 
次回に続く




手技療法家のための整形外科学整形学検査法 vol.002

JCDC札幌校 学院長 川人誠司B.S.C.

 

 

≪胸部・腰部の疾患≫
 
【脊柱機能解剖】
 脊柱は7個の頚椎、12個の胸椎、5個の腰椎と5個が癒合した仙椎および3~5個の尾椎より形成される。
脊柱の中には脊髄神経(第1頚椎~第1腰椎)と馬尾神経(第1腰椎~第1仙椎)が入る脊柱管がある。
各椎骨の前部には椎体があり、後部には関節突起があり椎間関節を形成する。
この椎間関節は四肢の関節と同様の滑膜を持つ関節である。
 
 上下に隣接する椎体とは互いに椎間板によって連結する。
椎間板は円板状の繊維軟骨で、周辺部は強靭なコラーゲン繊維が輪状に織り成す繊維輪からなる。
その中心部の水分に富んだゼリー状の柔らかい組織からなる髄核と椎間板は、椎体の上下に挟まれクッション作用を発揮する。こ
 
の関節には滑膜組織は存在しない。
 
椎体椎間板の前方には強靭な前縦靭帯があり、脊柱の過剰な伸展可動を防いでいる。
 
椎開板の後方には後縦靭帯、脊柱管には黄色靭帯、棘間靭帯、棘上靭帯(頚椎部では項靭帯)が存在する。 
ともに脊柱の支持に重要な靭帯である。
 
 
 
次回に続く




自然と生理的環境≫癌とは何か

鶴ケ島 カイロプラクティックセンター

院長 船戸孝俊B.S.C.[2012.3.7の続き]
 
 
 
 ではこのHIF-Iは異常遺伝子なのか?
 
 母体の中の初期胎児は、胎盤が不完全で血管が少なく血涙が不足し低酸素の状態で分裂していかなければなりません。
また胚が成長するにつれ、分裂した細胞が器官を形成するために、細胞が移動してそれぞれのグループに塊を作っていきます。
 
 まさにこの低酸素状態のときに細胞の増殖、移動に大いに働くのが、HIF-1遺伝子です。
 
 つまり元々備わった種を保存するためには絶対必要な遺伝子だったのです。 三億年前の恐竜の化石に癌細胞が発見されているという事実もあります。
つまりHIF-1遺伝子は、生物が発生する過程でとくに初期段階で、無くてはならないものなのです。
それが皮肉なことに癌細胞の増殖、浸潤にかなり強く関与しています。
 
 ここまででわかることは、RAS遺伝子も、HIF-1遺伝子も、私たちの身体には必要不可欠なものであり、その存在は常に癌とは隣り合わせで、表裏一体の関係です。
それを踏まえて視点を変えて考えてみると、なぜ昔より今現在の方が、癌の発生率も死亡率も多くなっているのでしょう。
 
 
 例えば、現代の慌ただしい社会の中で、食事が不規則かつ日本人には不適切な高脂肪で高カロリー、睡眠不足、運動不足、養生を忘れてすぐ薬(イヒ学物質)に頼る、これだけではなく全ての生活環境が強く影響して、一番大切な自己免疫の働きを忘れているように思えてなりません。
人類は何かこの得体も知れない癌という化け物に対して、何か戦い方が間違っているのではないかと感じています。
 
 次回は、癌と免疫絹胞との不思議な関係や、新しい抗癌剤として注目されている、ある身近な物質に注目して考察していきたいと思います。
 
 
 
終わり




自然と生理的環境≫癌とは何か

鶴ケ島 カイロプラクティックセンター

院長 船戸孝俊B.S.C.[2012.3.6の続き]
 
 
 
 マサチューセッツ工科大学ロバート・ワインバーグ教授は、
1982年に初めてがん遺伝子を発見しました。毎日数千億個以上の細胞がコピーを繰り返していますので、2000や3000個の細胞のコピーミスは普通にあることです。
生きていること自体が癌を生んでいるのです。
 
 ワインバーグ教授は、細胞の中の遺伝子の一つRASに着目しました。
 
細胞の中では、人の脳で理解しきれないほどの遺伝子が、パスウェー(信号経路)によって情報のやり取りをしています。RASはその中の一つで、細胞を分裂させ細胞を増やす役目を担っています。しかしこのRASに異常をきたすと細胞を増やす命令だけが暴走してしまいます。
すると細胞が成熟して活動、そして役目を終えると死滅するというプロセスが行われず、成熟出来ない、つまり正常に働けない細胞をどんどん分裂させて増やしてしまうことになります。
 
これががん遺伝子RASの暴走です。
ある標本に、宿主が死んでからも50年間衰えもせずさかんに分裂しつづけている癌細胞があります。まさにRASが暴走したパスウェーの異常信号です。
 
 
 現在の最先端の抗がん剤の分子標的薬は、この異常パスウェーの入り口を塞ぎ暴走を止めようというものですが、遺伝子異常は一人一人違うのでなかなか的を得られない、うまくはまったとしてもRASそのものが自らを変化させて、パスウェーの途中から異常信号を出したり、まったく違う経路でがん遺伝子が働きだしたりするので、そうなるとこの抗がん剤も何の意味もなくなってしまいます。
この働きが、癌が化学物質(抗癌剤など)に耐性を持ち自らを進化させている状態であり、癌細胞が旺盛に増え続ける原因の一つです。
 
 ジョーンズ・ホプキンス入学のグレック・セメンザ教授は、癌の浸潤に関する遺伝子を発見しました。HIF-1遺伝子です。癌は自ら血管を増やしながら分裂増殖していきます。
 
しかしそのとき中心部は徐々に低酸素な状態になっていきます。
 
癌細胞が大きくなればなるほど中心部分は低酸素になっていきます。
この低酸素領域で生き抜く能力や、そしてそこから移動して新しい癌細胞のドームを形成するための能力を与えているのが、HIF-1遺伝子の働きなのです。
 
実はこれが浸潤をバックアップしています。
 
 
 
次回に続く