カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
テクニックルーム

健康コラム

治療院のための"労務管理"はじめの一歩 第9回 労務トラブルを防止する書面の取り方

たや社会保険労務士事務所[2012.5.11の続き]

田谷智広

 

●従業員が辞めるとき


 従業員が辞めるときは、退職届を必ずもらいます。当たり前のことのようですが、意外ともらっていないことが多いです。信じられないことですが、自ら辞めると言っておきながら、「そんなことは言っていません」と、後目何食わぬ顔で出勤してくるような人がいます。口頭でも退職は成立しますが、結局、言った言わないのトラブルになると後々面倒なので、退職届は必ずもらっておきます。

例3のような内容で十分なので、その場で書いてもらうこともひとつの方法です。
 


●まとめ


 書面を用意したり、その都度書いてもらうのは案外めんどうでやっていないことが多いのですが、トラブルになったときには、たった1枚の書面があるかどうかで、局面が全く変わります。こちらがそのつもりでなくても、あちらが訴えてくれば付き合わないわけにはいきません。特に、今回紹介したようなトラブルになりやすい場面では、できる限り書面をとっておくことをお勤めします。


たや社会保険労務士事務所    田谷智広
TEL:03-3843-4081 FAX:03-5827-8224

 


終わり





治療院のための"労務管理"はじめの一歩 第9回 労務トラブルを防止する書面の取り方

たや社会保険労務士事務所[2012.5.8の続き]

田谷智広

 

●遅刻が多い・勤務態度が悪い


 遅刻や欠勤も一度や二度ならさほど気にならないかもしれませんが、回数が増えてくると「ちょっと問題だな」と思ってきます。勤務態度も、よほど悪くない限りは放っておきがちですが、だんだんと小さなことが積み重なったり、回を重ねる毎にエスカレートしていくと、最後には辞めてもらいたいと思うようになります。


 ここで問題になることは、「辞めてくれ」となるまで何もアクションを起こさないことです。

「ちょっとこれが続くと問題だ」と思ったところで、注意・指導しておくことが必要です。ロ頭の注意はするかもしれませんが、やはりここは記録に残る書面を作っておきます。書面があれば、いつどのような注意をしたのか明白です。また改善がなければ次はさらに重い処分を課す正当な理由となります。


 例えば例1のような書面で注意した記録をとっておきます。


●仕事の能力が不足している


 仕事のできが悪いときも、場合によっては退職をさせたいと考える原因になります。しかし、残念ながら単純にできが悪いだけでは解雇が認められにくいのが実情です。安易に解雇にふみきると、解雇不当と訴えられてトラブルになる可能性があります。


 この場合も、書面で注意・指導の記録をのこしておきましょう。少し違うのは、仕事ができるようになるための教育内容を盛り込んでおきます。例えば例2のような内容です。これによって、治療院としては、「本人の能力向上のためにきちんと計画して教育指導しました」という証拠になります。

こうすることで、最終的に辞めてもらうようなケースになっても、「治療院としては努力したけど、それでもだめだった」という理由になります。

 


次回に続く





治療院のための"労務管理"はじめの一歩 第9回 労務トラブルを防止する書面の取り方

たや社会保険労務士事務所[2012.5.7の続き]

田谷智広

 

●書面をとるタイミング


 書面をとっておくことが重要だとしても、いつ、どのようなときにとればいいのか知らないといけません。ここが意外と重要で、後になって「あのとき書面をとっておけば良かった」と思っても手遅れになってしまいます。

書面をとるタイミングは、例えば次のような場合が考えられます。
・入社・退職のとき
・昇給・昇格・異動などの変更があったとき
・遅刻欠勤などの勤怠不良があったとき
・勤務態度が悪い、就業規則違反があったとき
・能力不足が著しいとき


 これらのような場合に、労働条件や従業員に伝えたことや約束したことを、書面で残しておきます。次にいくつか代表的な例を見ていきましょう。

 


●雇用契約書を交わす


 入社時の書面で不可欠なのは雇用契約書です。これは労働条件について書かれている書面です。具体的には労働時間や休日、職務内容、給与額などが記載されているものです。

これらは非常に重要な項目でトラブルになりやすいところです。ここが曖昧だったり、当初の約束と違うと言うことになれば、高い確率でトラブルになるでしょう。契約書については第1回で詳しく解説していますので、そちらも参照してください。

 


次回に続く





治療院のための"労務管理"はじめの一歩 第9回 労務トラブルを防止する書面の取り方

たや社会保険労務士事務所

田谷智広

 

●はじめに


 従業員を雇うときには誰でも「いい人を雇いたい」と考えますが、なかなかその通りに行かないケースも少なくありません。

「面接では良かったのに、雇ってみたらとんでもない人だった」とか「遅刻や欠勤が多くて困る」など、「こんなはずではなかった」という経験をした経営者の話をよく聞きます。

そして、このような従業員を「辞めさせたい」という相談は結構多く寄せられますが、きちんとした理由やその証拠がなければ「不当解雇」などと言われて、トラブルに発展することもあります。


 このようなトラブルを避けるひとつの方法として、適時に書面をとることが重要です。

きちんと書面で残ったものは、治療院が適切に対応した証拠となり、トラブル防止・解決の強い味方となってくれます。
 今回は、そのような書面の取り方について紹介していきます。

 


次回に続く





自然と生理的環境≫癌とは何か2

鶴ケ島 カイロプラクティックセンター[2012.5.1の続き]
院長 船戸孝俊B.S.C.

 

 ビタミンCはどのように癌細胞に効くのでしょうか。
 実験で、ビタミンCがリンパ腫細胞を消滅させるパターンと、人工的に生成した過酸化水素がリンパ腫を消滅させるパターンとが酷似していることが観察されました。

このことから、ビタミンCが酸化される過程で生じる過酸化水素が、リンパ腫を消滅させる作用を持っているとわかったのです。

つまりビタミンC摂取は癌細胞消滅に効くということが証明されました。
 しかし過酸化水素は細胞にとっては猛毒です。では、どのようにして選択的に癌細胞に作用するのでしょう。


 この療法は、血管中に超高濃度ビタミンCが点滴により注入されます。癌細胞塊は組職能のある場所、つまり血管外組織に存在するため、ビタミンCは血管内から血管外組織に運ばれて、過酸化水素を生じ癌細胞を細胞死させます。


 しかし疑問がわきます。癌細胞を死滅させるだけの猛毒なのです。正常細胞には影響はないのでしょうか。血管内細胞を含む正常細胞には、カタラーゼやグルタチオンペルオキシターゼなどの過酸化水素を分解する酵素を持っているのです。

つまり過酸化水素により癌細胞だけが死滅し、正常細胞には無害ということです。

確かにビタミンCの摂取によりシミやソバカスの予防になったりします。それもその作用一つのようです。妊婦中に子宮癌が見つかり、ビタミンCの大量摂取で妊娠期間を乗り切り、無事出産させた実例も間きました。


 今米国では二重盲検法など、国の認定のためのプロセスに入っているそうです。新たなる抗癌剤として、ビタミンCが活躍する日が来るのではないでしょうか。日本も早く承認してほしいものです。


 今思うことは、この得体のしれない癌という病気にたいして、考え方を変える時に来ているのかもしれないということです。

今や二人に一人が癌になり、三人に一人が癌で死ぬ時代です。せめて自分の家族だけは、QOLを下げることなく守れるように知識を深めていきたいと思います。


 最後に、今回をもちまして私の記事は終了となります。組合員の皆様と、|司じ時代に同じ時を過ごせ、共に学べることの喜びを日々感じています。

しかし今世の中が混迷の時代となっており、どうかするとこの日本という国はいろいろな意味で、一度崩壊するのではないかと思うくらいです。日々後悔することなくしっかりと歩んでいきたいものです。

どうか皆様ご自愛ください。ご愛読ありがとうございました。

 


終わり