カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
「健康管理士」公式サイト
マンガでわかる!カイロプラクティックドクターへの道
JCDC創立22周年!卒業実績4,600名
テクニックルーム

健康コラム

自然と生理的環境 >> 癌とは何かⅡ 1

 私たちの身体の中には、いろいろな外敵から身体を守る免疫機構があります。
それぞれの役目を持って私たちの身体の中を駆け巡っています。

例えば、体外から細菌やウイルスなどが侵入してきた時に、それをきちんと個別認識をして選択的に退治していく適応免疫、どんな異物であろうと、出会ったらとにかくやみくもに相手を食べてしまう自然免疫などがあります。
その中でも別名大食細胞と言われるマクロファージに注目してみたいと思います。


 人体は約60兆個の細胞で構成されています。
そしてこれら全てが癌化する可能性を持っています。
事実、細胞の癌化は全身のいたるところで常に起きていて、健康な人でも、毎日5千個程度は新たに癌化していると言われています。
しかしその癌化した細胞も片っ端から体内の免疫細胞で退治されていくので、健康な人であればそう簡単に癌は発症しないわけです。

 たとえ癌化した細胞が少々生き延びたとしても、それが一挙に癌細胞の塊になって、その人の命を奪う訳ではありません。
1個の癌細胞の誕生と、それが腫瘍へと成長するまでには相当の時間がかかります。

しかも人間の身体には癌抑制遺伝子があります。
癌抑制遺伝子は、細胞の無軌道な増殖に歯止めをかけます。
癌抑制遺伝子はいろいろな種類があって、癌細胞が増殖するいろいろなレベルで抑制をかけます。
たとえ癌化してしまったとしても、宿主の命を奪うまでには相当の時間が経過するのです。


 従来、体内のいたるところで生まれてくる発生期の癌を退治してくれる主役は、マクロファージだろうと考えられてきました。
しかしマクロファージは死んだ細胞は食べますが、生きている癌細胞は食べないことがわかってきています。
それどころかマクロファージは状況によって、癌を殺すどころか、反対に癌細胞が育つのを助けてしまうという事実がわかったのです。


 癌細胞の周辺にマクロファージが集まってきて、癌細胞の浸潤を誘導している映像を目の当たりにしたときは、かなりの衝撃を受けました。
癌細胞が悪性化する第一歩は浸潤作用です。
癌細胞という全く種を異にする生き物による正常細胞社会に対する侵略のようなものです。
細胞は自分の所属組織に属して、周りの細胞と共同行動をとっている限り良性です。

細胞分裂の過程でミスが起きて過形成を起こし、そこが膨れ上がってコブのようになり腫瘍を形成したとしても、基底膜に包まれた細胞集団として、まとまりのある一つの独立した領域を形成している限りは良性腫瘍です。
しかしその領域を破り基底膜を突き抜けて、周辺の細胞の領域にジワジワと入り込む、つまり、2つの組織の細胞が混在するようなことが起きたら、良性腫瘍から悪性腫瘍に変化したと判断します。

病理学者が顕微鏡を覗きながら注目しているのはそこの部分で、組織と組織の間の配列の乱れと、異細胞の侵入の有無すなわち浸潤の有無なのです。
つまり癌化が始まったかどうかを判断するポイントは、浸潤の有無が重要なのです。
その浸潤の最初の一歩を免疫細胞の大物、マクロファージが助けていたのですからビックリな話です。


 この事実を世に発表した、アルバート・アインシュタイン医科大学のジェフリー・ポラード教授は、マクロファージは死んだ細胞は食べるが、生きている癌細胞は食べないどころか、癌細胞の進行方向にある細胞を邪魔者としてどんどん呑み込んでしまうというのです。

 ではこのマクロファージは、免疫細胞でありながら一種の裏切り行為をしているということなのでしょうか。

 マクロファージの本来の役割の一つに、傷の修復があります。
例えば切り傷が出来たとします。すると傷の周りの細胞たちが、「救援を求める信号物質」「細胞の成長と移動を促す物質」「細胞を壊す物質」つまりサイトカインを放出して傷の修復を行います。
切り傷が治っていく過程で肉が盛り上がっていく現象である、肉芽を形成します。
肉芽形成は、実質的に腫瘍形成と同じなのです。

マクロファージの働きとして知られているのが、異物をひたすら食べていく大食漢細胞としてですが、マクロファージにはもうひとつ重要な役割があります。
創傷を修復するときの現場監督としての役割です。

 傷口の修復手順は、DNAの中に「創傷治癒プログラム」として埋め込まれています。
そのプログラムに従って一連のサイトカインを出していくのが、マクロファージの役目なのです。
通常、傷口が出来ると、身体から盛んに救援を求めるサイトカインが放出されます。
この物質を感知するとマクロファージなどの免疫細胞が集まり、マクロファージは細胞の成長や移動を促す物質を放出します。
こうした物質に刺激を受けて皮膚の細胞が移動し傷口を修復します。


つづく





骨粗鬆症

骨粗鬆症


 人の骨成長は成長とともに増加し40歳代で最大となった後、加齢とともに徐々に減少する。
特に女性の閉経後は急速に減少する。骨量の減少と骨組織の微細構造が変化し、そのために骨がもろくなり、骨折しやすくなった状態を骨粗鬆症の定義としている。

骨折好発部位は橈骨遠位端骨折、胸・腰椎の圧迫骨折、そして大腿骨頚部骨折である。骨折のない無症状のものを骨減少症ということがある。


■問診ポイント

1.閉経後の女性に多くみられ、やせている人に多い。

2.骨粗鬆症の家族歴や早期の閉経は危険因子となり得る。
⇒遺伝による骨形成不全も関与。

3.食生活の確認
⇒必要栄養素として、カルシウム、マグネシウム。最近ではたんぱく質も必要といわれる。
⇒腰部隆起の存在は腰椎側弯を示す。骨盤傾斜などもみられる。

4.運動量、長期の臥位の有無および日光浴の程度。
⇒骨は外的なストレスにより成長、強度も増加する。

5.続発性の要因として糖尿病、慢性関節リウマチ、甲状腺機能亢進症、肝疾患など。

6.両側卵巣摘出。(エストロゲンの異常)

7.ステロイドの使用や肺疾患の薬物により進行も。


■症状
 腰背部の重苦感、鈍痛や疲労感を訴える。
わずかな外力でも容易に椎体の圧迫骨折を生じ、その数が多くなれば脊柱の後弯変形が起こり身長は短縮する。
腰椎の前弯減少も生じ、慢性腰痛の誘発も少なくない。
加齢につれて女性には骨粗鬆症による病的骨折の頻度は高くなる。


■理学所見

1.胸椎後弯位増強または円背変形。

2.腰椎の前弯減少、消失または後弯変形を呈す。

3.脊椎の圧迫骨折による身長減少。

4.脊椎圧迫骨折急性期は疼痛による運動制限や棘突起叩打痛が認められる。
⇒慢性期は伸展制限があるが、運動時痛や叩打痛が認められることは少ない。

5.神経障害はきわめて少ない。


■画像診断

X-ray:骨陰影度の減少、椎体終板の骨硬化象、時として椎体圧迫骨折を観察。


photo16


■骨量計測

X-ray、CT、超音波を利用し測定をする。





強直性脊椎炎 

強直性脊椎炎


 マリーストリンペル病とも呼ばれる多発性関節炎の一つで、慢性関節リウマチ類似の炎症性疾患であり、脊椎と仙腸関節が侵される進行性の骨強直を特徴とする。

家族内発生が高率に認められ、90%は男性である。10代後半から35歳までに好発するが病因は不明である。


■問診ポイント・症状・理学所見

 仙腸関節より発生多く初発症状は腰痛を訴えることが多い。徐々に腰椎、胸椎、頚椎へと移行する。
脊椎関節、周辺組織を侵し最終的には骨化させ、骨性強直に至る。

胸椎部まで進行すると腰背部の可動制限を、また骨化により肋椎関節を固着させ胸郭拡張制限の原因となり、呼吸時の胸部痛を引き起こすこともある。

特に四肢の関節(肩・股関節等)を侵す場合もある。
検査所見では本症例において、HLA-B27陽性反応例がきわめて高率を示す。
また視診では、顕著な円背姿勢を認める。


■画像診断

X-ray:仙腸関節骨癒合と椎間関節癒合が特徴である。
⇒角ばった椎体と線維輪の骨化が認められている。

■鑑別診断

強直性脊椎骨増殖症(フォレスティール病またはDISH)

 軽度の胸腰痛を訴えることがある。50歳以上の男性に多く発症する。椎体前面に特有な骨の異常増殖を示す。
が、仙腸関節、椎間板腔に変化は認めず、靭帯や腱の付着部に骨化を伴うことが多い。
脊椎以外での骨増殖は股関節に認めることも少なくない。

日本では後縦靭帯骨症を併発する例が多い。後縦靭帯や黄色靭帯が骨化を起こした場合は、脊柱管の狭窄を起こし脊髄症状を呈することもある。
一般的な発症部位はT7~T12の中・下位胸椎位である。時に大規模での骨増殖により、頚椎部が侵されると嚥下が困難になる。軽度の円背姿勢を認めることもある。因果関係は不明だが20%の患者に糖尿病との併発がみられる。


若年性後弯症(ショイエルマン病)

 10歳代前半の思春期に胸椎部に発生する。胸椎の椎体楔状化による円背をもたらす。
病勢は骨格の成長終了とともに終わり、成長が完了すると進行は停止する。
胸椎円背の代償に腰椎の前弯を促進させる。

背部の疲労感を訴えることも。X-Ray所見で椎体の楔状化、および多発性のシューモール結節を認める。
後弯が重度の場合脊髄圧迫症状を引き起こすため、手術が必要となることもある。

photo15





脊柱側弯症 2

■構造的脊柱側弯

 椎体の楔状変形と捻じれを伴う側弯変形で、胸椎側弯の存在は胸郭も変形する。
多くは成長期に発見され成長期間中に進行し、成長完了とともに進行を停止する。(基本として腸骨稜骨端核の融合を持っ
て成長完了と考える)

全側弯症の7~8割が特発性側弯症で、発症年齢は3型で、3歳以下の乳幼児に発生する乳幼児期側弯症、3歳以上から小学校低学年に発生する若年性側弯症、10歳以上の思春期に発生する思春期側弯症がある。性別では女性が圧倒的に多い。

他の構造的脊柱側弯症の分類は以下に示す。


先天性側弯症
 先天的な脊柱の分節、形成異常や肋骨の融合による。

筋・神経原性側弯
 進行性筋ジストロフィー、脳性麻痺などの筋・神経疾患に伴う側弯。進行も早く成長終了後も進行する。
高度の側弯を生じ座位保持が困難。

神経線維腫性側弯
 皮膚に多数のCafe-au-lait spot(カフェオレ斑)を示す遺伝性疾患。鋭く短い側弯を有し、進行は早く脊髄麻痺症状を呈する危険あり。

マルファン症候群に伴う側弯
高い身長、長い四肢、指が特徴で水晶体の脱臼のため視力障害を伴うこともある。心・血管系の異常の合併も、進行も早い。


■X-ray所見と計測法
X-ray:静止立位での全脊椎の前後像を撮影。
また骨盤の上部1/2を撮影することで腸骨稜骨端核により骨年齢を判定することができる。
⇒最も強く側弯を示している部位を1次カーブと呼び、また最も正中線から偏位し、椎体の楔状変形と捻じれが最大であるのを頂椎と判定する。

1次カーブの上下端に存在し、弯曲方向に最も傾き、捻じれのない椎体を終椎と呼ぶ。上下の終椎間を1次カー
ブの範囲とする。
1次カーブの上か下に作られる代償カーブを2次カーブと呼ぶ。


計測 :上下端にある終椎の上位終椎上面と、下位終椎下面に接線を引き、その交角をもって表す(コブ法)。
椎体の捻じれは4度に分けられる(図参照)。
最大の捻じれは頂椎に存在する。

腸骨稜骨端核による骨年齢評価は、腸骨稜を4等分する。10~12歳で領域1に骨端核が出現し、15~16歳で領域4ま
で伸び、17~19歳で閉鎖する(図参照)。
⇒特発性脊柱側弯症は骨成長期に進行するため必ず腸骨稜の撮影をし、これを読みとる。


photo14





脊柱側弯症 1

脊柱側弯症

 脊柱側弯症とは脊柱を前額面から見たときに、脊柱が側方へ弯曲している状態をいう。
脊柱側弯の種類は、機能的脊柱側弯と構造的脊柱側弯の2つに大別することができる。

定義として機能的脊柱側弯は、単に側弯のみが存在し、椎体が楔状の変形がなく、捻じれを伴わないもので、構造的脊柱側弯は側方弯曲が存在し、椎体が楔状に変形し、捻れを伴っている3つの条件を満たすものである。X-ray画像で測定し判断される。


■視診のポイント

1.脊柱は側方弯曲すると側弯の凸側が後方に回旋変位する。

2.立体で、肩の高さ、肩甲骨の見え方と位置、ウエストラインの左右非対称の有無を確認。
⇒側方凸側の肩甲骨は浮き出るように顕著にみられる。

3.前屈位で肋骨隆起や腰部隆起の存在を確認。(アダムの体位)
⇒肋骨隆起は側弯凸側が凹側と比較し約1~1.5cm以上の左右差は胸椎側弯を示す。(肋骨の変形もある)
⇒腰部隆起の存在は腰椎側弯を示す。骨盤傾斜などもみられる。

4.立位から前屈させることにより側弯が消失、または減少する場合は機能的側弯と判別できる。
⇒アダム徴候

5.側弯の分類として、①胸椎側弯 ②胸腰椎側弯 ③腰椎側弯 ④二重側弯がある。
⇒1次カーブの位置により決定する。

photo13

■機能的脊柱側弯

 一過性の脊柱側方弯曲で捻れを伴わず、原因が取り除かれると側弯は消失する。
思春期にみられ、自然治癒する姿勢性側弯、急性の腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛、下肢痛によって、腰背筋群の反射・防
御性筋痙縮が起こり、腰椎側弯が出現する反射性側弯、下肢の脚長差や股関節疾患などによって、骨盤傾斜を生じバランスをとるようになって起こる代償性側弯が代表的である。


つづく