カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合

健康コラム

ホリスティック セラピー研修レポート 2

レポート : JCDC名古屋校21期生 千田 紘生


 スウェディッシュマッサージはアメリカでは基本になっているマッサージで、滑りをよくするためにローションやオイルを使い、全身をマッサージします。
マッサージをすることで循環器を活発にさせ、老廃物を排泄し筋肉の働きを改善させる効果があります。
その他にも消化器の働きの改善や快眠、生理痛の軽減、風邪などの病気にかかりにくくなるなどといった効果もあるそうです。

 ロミロミはハワイで開拓されて、いろんな所へ広まったマッサージで、スウェディシュマッサージの発展形といったものでスウェディッシュマッサージとよく似ているのですが、親指をよく使い、前腕でもマッサージを行うのでスウェディッシュマッサージに比べると押される力はかなり強い印象を受けました。

 スウェディッシュマッサージもロミロミも重心の移動によって体を動かして行うので、その体の使い方がすごく難しくクライアントになかなか体重を乗せることが出来なくて慣れるまでがすごく大変でした。


つづく





ホリスティック セラピー研修レポート 1

レポート : JCDC名古屋校21期生 千田 紘生


 11月13日から21日までアメリカのロサンゼルスにあるマッサージスクールにホリスティックセラピーの研修に参加してきました。
 最初にこのような素晴らしい機会を与えて頂いた新渡理事長、引率の山口先生、米国療術協会会長の小田島先生、通訳をして頂いた和知先生、ならびにスクールで講師をして頂いた先生方、スタッフの皆様方にこの場を借りて簡単ではありますが、感謝の意とお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。
あとこの研修に参加し一緒に勉強をした皆さん、今回は本当にお世話になりました。

 今回の研修では、スウェディッシュマッサージ・ロミロミ・ホットストーンマッサージ・アーユルヴェーダ・チャクラバランス・WATSU・リフレクソロジーの7種類のテクニックを学びました。

 これからそれぞれのテクニックを簡単に説明していきたいと思います。


つづく





スポーツコンディショニング・セミナー 5

マッスルエナジーテクニック(MET)とは?

 軟部組織のマニュピレーションの一種で、施術者によって方向と強度を正確にコントロールされた抵抗による、筋肉のあらゆる種類の収縮を利用した方法。
この方法により、機能不全を起こした軟部組織、筋肉のグループの機能改善、浮腫、腫れ等の減少、関節の可動域の回復などを可能にします。

 基本的なテクニックとしては、PNFの2つの原理(自己抑制、相反抑制)を応用したもので、アイソメトリック、求心性アイソトニック、遠心性アイソトニック、アイソリテックなどの筋収縮タイプを利用して行います。
これらのテクニックを利用して、リフレックスアーク(反射弓)に働きかけ、yシステムのリセットを通じて問題を起こしている筋の正常な機能を取り戻すというのが基本的な治療理論。






スポーツコンディショニング・セミナー 4

第2部

 

photo4

 最近アメリカのスポーツ医学の現場で認知されているマッスルエナジーテクニック(MET)ですが、これはオステオパシーの権威レオン・チャイトウ氏が提唱する手技で、治療者が患者さんの筋肉に対し、特定の方向に力を加え、患者さんはコントロールされた姿勢からその力に反発する特定の方向に自らの筋肉を収縮させるというシステムです。

過度に緊張した筋肉や関節可動域の改善、弱い筋肉の強化、疼痛の緩和、病気やケガの後のリハビリにと急性・慢性両症状の治療に威力を発揮する療法といわれています。

 これらのテクニックは非常に奥深く、テクニックをマスターするのにも時間と労力を必要とします。それぞれのテクニックを詳しく説明することは紙面の都合上困難ですが、これらのテクニックがプロの野球の現場でどのように応用されているかを紹介します。


つづく





スポーツコンディショニング・セミナー 3

 これらのプログラムは、投球モーションを繰り返し行うスポーツ選手のコンディショ二ングのみならず、肩周辺痛の治療にも活用することができます。

photo3

Ⅰ. 肩甲骨安定プログラム
 ( 肩甲骨の正常な機能を確保するための)
Ⅱ. ショルダー・プログラム
      
スタンディング・スキャピュション・トゥ150度/スタンディング・アブダクション・トゥ90度/ウォール・スクラブ/プローン・パーム・ダウン・アブダクション・アット90度/プローン・サムス・アップ・アット135度/プローンエクステンション/サイドライング・エクスターナル・ローテーション/セラバンド・インターナル・ローテーション/セラバンド・エクスターナル・ローテーション/セラバンド・クロスボディ・プル/ボディブレード・サイドライング・エクスターナル・ローテーション


つづく