カイロプラクティック学校、整体学校の日本カイロドクター専門学院・国際基準の教育でカイロドクターを養成します。

カイロプラクティック学校のJCDC
国際整体技術学園/厚生収健政第572号 カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校

カイロプラクティック学校のJCDC 日本カイロドクター専門学院

東京本校 東京都新宿区高田馬場4-4-34 ARSビルディング 新宿校舎(本校)事務局入学案内係
資料請求
カイロプラクティック学校 TOP学院について授業概要卒業後募集要項
海外研修(人体解剖実習)
有資格者向けサイト
学科別適正診断
カイロプラクティック学校比較
治療院を探している方は
募集要項
イベント情報登録
厚生労働大臣認可(厚生省収健政572号)カイロプラクティック療法振興事業協同組合
テクニックルーム

健康コラム

外 側 膝 痛 ~近位脛腓関節サブラクセーション~

3.近位脛腓関節サブラクセーション
 この障害も膝外側に痛みを感じます。
他の障害と異なる点としては、突然の痛みと足根関節の捻挫がこの障害と関連します。
その他、下腿の不安定性と放散痛を下腿外側に感じるでしょう。

原因:
 最初に足根関節と腓骨の動きの関連性について説明します。
足根関節の背屈と底屈動作に影響され、腓骨は動きます。
足根関節の底屈動作は腓骨を下方と内方に回旋します。
反対動作の背屈は腓骨を上方と外方に回旋させます。
これらの関連した動作は例えば突然足根関節が力強く底屈した時、腓骨は下方位した状態で固定され、腓骨筋群の筋力は抑制されます。

または、レッグ・カールでハムストリングスの短縮緊張が腓骨頭を後方に引っ張り変位することもあります。
腓骨頭の変位は腓骨神経を圧迫し、下腿外方に放散痛をまねきます。

評価:
腓骨頭の動きをモーションパルペーションで確認します。
脛骨の正常な位置も確認します。脛骨の内旋位または、外旋位によって腓骨も変位するので必ず脛骨と腓骨の位置を確認します。
足根関節の正常な位置と動きをパルペーションで検査します。

関節の位置と動き以外に痛みの個所も確認します。

治療:
腓骨のサブラクセーションをアジャスト足根骨のサブラクセーションをアジャスト足根関節の不安定性
:初期はテーピング
:後期は筋力を回復させ、反応と反射の回復に努めます。

腓骨そのものは治りが早いが、足根関節の安定性には時間がかかるため、選手にはリハビリの有効性を納得させ、根気強く続けさせることが大事です。

 今回の内容はアスリートに限らず、健康維持のために運動をしている人にも多くみられます。
カイロプラクティックはこれらの状態に非常に有効です。
今回の内容が治療に活かしていただければ幸いです。

photo10





外 側 膝 痛 ~膝窩筋腱炎~

2.膝窩筋腱炎

この障害もITB症候群と似た症状で、痛みの部位も外側膝関節周辺に表れます。
主に、ダウンヒル・ランニングやジョグ・ランニングをする人に多い障害です。

原因:
この障害に関する筋は膝窩筋で作用は2つです。
1つは下腿の内旋です。但し、非加重で膝関節が屈曲している状態です。
もう1つは、歩行時や走行時に生じる足底からの衝撃を若干の膝屈曲で吸収する働きです。

第2のショック・オブザーバーと言われています。
これらの作用が過剰になると膝窩筋腱炎になります。

評価:
外側側副靭帯付着部より前部に圧痛。または、外側側副靭帯後部に圧痛。
膝窩筋の筋力テストによって痛みを誘発。
その筋力テスト法とは、検査術者は下腿外旋する方向に少し回旋しその動きに合わせるように患者は下腿を内旋させ抵抗します。
これにより内旋力が確認できます。筋力低下や痛みが誘発されれば陽性です。
もう一つの検査は、患側に体重を乗せて膝を30°程度屈曲し、大腿を内旋させて痛みまたは、心地悪さがあれば膝窩筋腱炎の疑いがあります。

治療:
膝関節の内旋変位の原因となる他の関節のサブラクセーションをアジャストします。
関節の可動域減少と筋の柔軟性低下は筋緩和によって改善させます。
関節機能と筋機能が改善するまで、競技は休み、安静にします。
痛みの改善が治療後2~3週間後に見られるようであれば、リハビリをプログラムに従って行います。
ITB症候群と膝窩筋腱炎は症状と部位が近いため診断を間違えないように。





外 側 膝 痛 ~ITB症候群~

 今回は外側膝痛について説明したいと思います。

1.ITB症候群

 最初はITB症候群です。
ITBとはIliotibial Band略語で、腸脛靭帯を意味します。先ずはこの部位のスポーツ障害について説明したいと思います。

症状:
 痛みの原因はランニングが多く、特にジョギングやダウンヒルの競技によって、膝外側の腓骨頭より指2、3本上の位置に痛みが発生します。
その他に膝の屈曲や伸展時に膝関節から関節音が聴こえることもあります。
決して正常では起こりえない反応である。

原因: 
 膝を約30°~40°屈曲した状態で繰り返す動作によってこの症候群になると言われています。
ただ、早く走るランよりジョグによってこの症候群になりやすいでしょう。

評価:
 膝関節外側から2cm上の位置または、外側上顆周辺に痛みを感じ、圧を加えると更に痛みは強くなります。
膝関節を30°~40°くらい屈曲した状態で患部に圧を加えても痛みは強くなります。

整形外科検査法のOber’sテストにより、腸脛靭帯にストレスが加わり、殿部筋や大腿筋膜張筋に強い張りが発生します。
その他、Noble compression test によって痛みが発生すれば陽性です。
このテスト法は、患者は仰臥位になり患側の股関節と膝関節を約90°屈曲し、Dr.は患側の外側上顆より2cm上に母指を置き、圧を加えます。
母指圧を維持しながら、膝関節を伸展します。
この動作によって痛みが強まれば陽性です。

治療:
第一治療は腸脛靭帯のストレッチです。
ほとんどの文献上にカイロプラクティックの効果は記されていませんが、個人的な意見ですが、ケースによって効果はあると思っています。
カイロプラクティックによる効果は以下の症例を参考にして下さい。

症例:
Aさんはマラソン大会に参加するため、実践練習を週に5日から6日3ヶ月続けていました。
練習開始から3ヶ月経過中に膝外側に痛みを感じ始めました。
症状の初期は膝外側だけでしたが、後に筋膜張筋周辺と仙腸関節にも痛みが出現しました。

検査などの結果、ITB症候群と診断され、腸脛靭帯のストレッチを処方されました。
ストレッチ開始からわずか1週ほどで症状は改善しました。しかし、練習を再開し長距離ジョグを2週間ほど続けると痛みが再
発ました。
腸脛靭帯のストレッチは持続性がなかったことを意味します。
カイロプラクターによる仙腸関節サブラクセーションを改善させてからは痛み表れなくなりました。

Aさんの原因は仙腸関節のサブラクセーションではなく、ITB症候群だったのですが、この症候群が大腿から股関節、殿部そして仙腸関節へと補正変位をもたらしたからで、最初の治療でこの部位を軽視したためだと思われます。
どういった状態または、症状でも四肢に障害がある場合、必ず支持関節である仙腸関節の状態を確認します。
または、仙腸関節の障害は必ず四肢まで検査し、影響していないことを確認します。







論文紹介 ~小倉 毅D.C.~ 5

Brain areas involved in acupuncture treatment on functional

dyspepsia patients: A PET-CT study

 

<結 論 >

 本研究では、健常者、FD患者間における脳内糖代謝の相違及びFD患者MA後における脳内糖代謝の変化がみられた。

仮説 (1)
前頭前野、前帯状回、尾状核尾部は胃の知覚受容と関連する。
仮説 (2)
S Iと小脳の低代謝は鍼刺激によるものである。
仮説 (3)
視覚関連領域の賦活は疼痛或いはツボ活動によるものである。

 これらの仮説の証明及び鍼治療のメカニズムの
解明には更なる研究が必要である。

photo9





論文紹介 ~小倉 毅D.C.~ 4

Brain areas involved in acupuncture treatment on functional

dyspepsia patients: A PET-CT study

 

photo8

< 考 察>

 本研究では、健常者との比較でFD患者において右眼窩回、左尾状核尾部、帯状回に糖代謝低下がみられた。
多くの研究により大脳辺縁系は内臓知覚に関わることが報告されている。眼窩回は眼窩前頭皮質の一部であり、食物刺激に対する反応や空腹感、食欲、膨隆感、食物摂取の調節に関与することが知られている。

前帯状回は大脳辺縁系の一部であり、胃腸知覚刺激への反応、調節に関与する重要な部位である。
尾状核についても胃からの知覚に関与することが報告されている。
従って、本研究結果はこれら過去の研究結果を支持するものである。

 FD患者MA後に左中心後回に代謝低下がみられた。
我々は鍼刺激による刺激の減少という仮説をたてるが、この点については更なる研究が必要と思われる。

 過去の研究により知覚運動皮質(S I, S II)は胃腸知覚に関与することが報告されているが、本研究では健常者とFD患者との比較でS I, S IIには有意差はみられなかった。
しかし、VandenbergheのH2O15-PETを使用した研究では、健常者との比較においてFD患者の両側知覚運動皮質に賦活が発見されている。
この相違はスキャン過程の違いによるものと考える。

 MA後小脳扁桃の顕著な不活性化は鍼刺激によるものと考えられる。最近のfMRI研究において健常者に対する電気鍼、MA刺激後、刺激に対する反応による小脳活動が報告されている。

 本研究において、健常者との比較でFD患者に下側頭回に糖代謝亢進がみられた。下側頭回は視覚分析に関与するといわれている。
この結果はVandenbergheのH2O15-PET研究結果であるFD患者における左下側頭回賦活と一致するものである。
また、FGID (機能性胃腸障害)に関する研究においても視覚領域での賦活が報告されている。
従って、FD患者の視覚領域の賦活は疼痛受容との関連によるものと推察する。

 FD患者MA後では、下後頭回、中後頭回、前楔小葉、右中側頭回、右中前頭回に確かな代謝亢進がみられた。
これらの部位は視覚受容に関連する部位であり、本研究では予想外の結果である。
鍼治療理論によると、胃と目のメリディアンとツボは関連しており、ST34, ST36,ST40,ST41は全て眼科疾患治療に使用するツボである。
しかし、Wuらの研究では視覚領域の賦活はツボ刺激とは関連しないと報告されている。
我々はこの結果を次のように推察する。

(1) tracer注射時の疼痛によるもの、
(2) 胃メリディアン上ツボの活動によるもの。

しかし、確かな結論を得るためにはさらに研究が必要である。

 

つづく